事業内容

  地質調査業は、日本建設産業分類(総務庁)で「学術研究、専門・技術サービス業」に分類されます。主な調査対象は社会資本整備、住環境整備、防災・減災・災害復旧です。
  よって、地質調査業は「商品が地盤に関する技術情報・知的サービス」、「消費者が国民」となる仕事です。また、日本は地形・地質構造が複雑で、かつ地域的特徴があり、これを素因とした自然災害も発生します。
  このため、地域に密着した地質調査の企業・専門家が求められています。当社も熊本地域を中心として、地盤・地下水に関するコンサルタント業務を行っております。





地質調査

地質調査は、社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

社会資本と住環境の整備・開発、地盤の防災・減災・保全事業、土砂・地震災害の復旧事業などに際し、既存資料収集、地表地質踏査、ボーリング、孔内・原位置試験、物理検層・探査、土質試験などを行います。そして、地質学・地球物理学・土質工学などの知識や理論をベースに、対象地の地盤性状を解析します。

現地調査・点検

高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


高度成長期以降に整備されたインフラは、今後20年間で建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる見込みです。
このため、一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。現地調査・点検では、道路施設や砂防関連施設などの測量や点検、ドローン撮影、机上設定などを行います。


地下水調査

日本の水道水の8割以上は河川水ですが、熊本市の上水道水源は全て地下水でまかなわれています。これは人口50万人以上の都市としては日本で唯一であり、世界でも希少な都市となっております。地下水の賦存状態は地形・地質と密接に関係しています。地下水調査では、上水道・農業用・施設用水源(井戸)の開発~維持管理に際し、対象地の水理解析などを行います。

日本の水道水の8割以上は河川水ですが、熊本市の上水道水源は全て地下水でまかなわれています。これは人口50万人以上の都市としては日本で唯一であり、世界でも希少な都市となっております。地下水の賦存状態は地形・地質と密接に関係しています。
地下水調査では、上水道・農業用・施設用水源(井戸)の開発~維持管理に際し、対象地の水理解析などを行います。

日本の水道水の8割以上は河川水ですが、熊本市の上水道水源は全て地下水でまかなわれています。これは人口50万人以上の都市としては日本で唯一であり、世界でも希少な都市となっております。地下水の賦存状態は地形・地質と密接に関係しています。
地下水調査では、上水道・農業用・施設用水源(井戸)の開発~維持管理に際し、対象地の水理解析などを行います。

日本の水道水の8割以上は河川水ですが、熊本市の上水道水源は全て地下水でまかなわれています。これは人口50万人以上の都市としては日本で唯一であり、世界でも希少な都市となっております。地下水の賦存状態は地形・地質と密接に関係しています。
地下水調査では、上水道・農業用・施設用水源(井戸)の開発~維持管理に際し、対象地の水理解析などを行います。

日本の水道水の8割以上は河川水ですが、熊本市の上水道水源は全て地下水でまかなわれています。これは人口50万人以上の都市としては日本で唯一であり、世界でも希少な都市となっております。地下水の賦存状態は地形・地質と密接に関係しています。
地下水調査では、上水道・農業用・施設用水源(井戸)の開発~維持管理に際し、対象地の水理解析などを行います。

日本の水道水の8割以上は河川水ですが、熊本市の上水道水源は全て地下水でまかなわれています。これは人口50万人以上の都市としては日本で唯一であり、世界でも希少な都市となっております。地下水の賦存状態は地形・地質と密接に関係しています。
地下水調査では、上水道・農業用・施設用水源(井戸)の開発~維持管理に際し、対象地の水理解析などを行います。

さく井工事

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。

さく井工事は井戸の新設工事ですが、事業計画に必須となる取水量の事前推測は困難な場合が多く、地下水賦存に関する推察・評価、および工事の成果は、担当会社の技術力や経験によるところがあります。当社は地質の専門会社として、井戸工事の計画から設計、施工を行います。